ハードボイルド探偵「探偵の調査報告書はすべて裁判で使えると思っていませんか?」
女「えっ?違うの?」
ハードボイルド探偵「実は、証拠の質や調査報告書の内容次第では裁判や離婚調停に役立たない資料になってしまいます。どんな証拠品が使えるか、裁判やその他の離婚手続きなども紹介します」

パートナーの浮気が原因で離婚する方法

ハードボイルド探偵「パートナーが浮気していたときは意外と裁判以外の方法も多いんです。まずは離婚の種類からお話します」

浮気による協議離婚

協議離婚とは夫婦間の話し合いで離婚をする方法です。
協議離婚で揉める原因と協議離婚時に使える証拠品を紹介します。

協議離婚で揉める原因はお金と親権

厚生労働省の調査によると、日本の夫婦の約9割が協議離婚によって離婚しています。

協議離婚は夫婦間の話し合いだけで解決するため法的手続きに進む必要がありません。
ただし、財産分与やお子さんが居る場合の親権・養育費、相手に離婚の原因がある場合の慰謝料請求などの条件で揉めることは多いです。

特に、パートナーの浮気が原因で離婚の話し合いをすると、パートナーから浮気の証拠がないと反論されることがあります。
自分の浮気が原因で離婚をするときは慰謝料請求されることが多いので相手も必死です。

協議離婚だからと言って円満に解決するとは限らないことを理解しておきましょう。

参考サイト:厚生労働省|平成21年度「離婚に関する統計」の概況

協議離婚目的の証拠に法的根拠は不要

協議離婚の話の泥沼化を避けるためには相手の主張に勝たなければなりません。
相手の主張と戦うためには浮気の証拠が必要です。
たとえば、浮気相手とラブホテルへ入った写真や車内での不貞行為の音声記録などがあると、交渉が有利に進みます。

協議離婚をするときの証拠に法的根拠は不要です。
パートナーに証拠を突き付けるだけで話し合いが有利に進むこともあります。

本来は同じ浮気相手と複数回の不貞行為をしていることが浮気による離婚の条件です。
でも、協議離婚のときは1回の浮気を証拠に話し合いをしても、相手が折れたら証拠として使えます。
ほかにもピンボケした写真や違法行為によって得た証拠など、本来は裁判で使えない証拠でも話し合いの材料になるならよいのです。

浮気による離婚調停(調停離婚)

夫婦の話し合いがまとまらなかったりパートナーが話し合いに応じなかったりするときは離婚調停(調停離婚)をします。
離婚調停の内容と探偵の調査報告書が活躍するタイミングをお伝えします。

離婚調停とは家庭裁判所が仲裁する話し合い

離婚の話し合いが進まない、離婚の条件が合わない、裁判所から書類が届いたなど、離婚が円満に進まないときは離婚調停をします。
離婚調停(夫婦関係等調整調停)は家庭裁判所が仲裁して法的に離婚手続きを進める仕組みです。
調停手続きで決められる離婚の条件は以下のようなものが挙げられます。

  • 財産分与
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権者
  • 養育費
  • 面会交流

離婚調停の際は裁判官または調停官と調停委員が話し合いに立ち会います。

もし相手の浮気を原因に離婚調停を申し出るなら法的手続きに使える証拠が必要です。
詳しくは後述しますが、浮気相手とのやりとりや2ショット写真程度では離婚調停に使える証拠とは言えません。
ラブホテルへ入室している証拠写真やカーセックスの動画が証拠になります。

また、1回の浮気だけでは法律的に浮気と認めることはできません。
複数回の浮気の証拠があることで初めて証拠とすることができます。

当然、浮気の証拠をまとめた文書は公的文書に使えるものが求められます。
個人で書類をまとめるのは難しいため探偵事務所による調査報告書を使うケースが多いのです。

参考サイト:弁護士法人法律事務所オーセンス|離婚調停の基礎知識

離婚調停で探偵の調査報告書を提出するタイミング

離婚調停を有利に進めるために探偵に浮気調査をしてもらって証拠資料として調査報告書を提出することは有効です。
ただし、離婚調停の話が進んでから調査報告書を提出するほうが効果はあります。

調停委員や裁判官は離婚の原因がどちらにあるかを責めるわけではありません。
離婚調停の話し合い中、浮気をしているパートナーに浮気をしているからと伝えると、多くの場合は離婚の条件を不利にされないよう「浮気はしていない」と答えるはずです。
嘘をついたタイミングで証拠となる調査報告書を見せることで離婚調停を有利に進めることができます。

ただし、離婚調停ですべての証拠を見せるのはおすすめしません。
離婚調停だけでは解決しない場合、審判離婚や裁判離婚によって解決します。
離婚調停の話し合いで証拠をすべて見せてしまうと、相手に手の内を読まれて対策されてしまうことがあるからです。

参考サイト:探偵大阪あいみ探偵事務所|離婚調停で浮気の証拠を賢く使う方法by探偵

浮気による審判離婚

審判離婚とは、離婚調停が成立しなかったときに家庭裁判所の判断によって離婚を確定させる方法です。
審判離婚の概要と利用率が低い理由を紹介します。

審判離婚とは離婚の条件の妥当性を判断する制度

審判離婚は、離婚調停の話し合い時に条件面で合意を得られなかった夫婦を家庭裁判所が取り持つ制度です。

第二百八十四条 家庭裁判所は、調停が成立しない場合において相当と認めるときは、当事者双方のために衡平に考慮し、一切の事情を考慮して、職権で、事件の解決のため必要な審判(以下「調停に代わる審判」という。)をすることができる。
引用元:e-Gov|家事事件手続法284条1項離婚

審判離婚の効力は裁判での判決と同等です。
ただし、審判から2週間以内に裁判所へ異議申し立てをすると審判離婚の効力は無効になります。
裁判離婚に発展すると離婚までの期間が長引いて費用も高額になるため、裁判よりは素早くお金もかからず離婚できる制度です。

審判離婚の利用率が少ない理由は法的効力の弱さ

審判離婚の利用率はわずか0.1%しかありません。
裁判離婚の2.4%と比べても利用率は低いです。

まず、離婚調停時に双方が合意していたら審判離婚や裁判離婚に発展することはありません。
審判離婚を実施して家庭裁判所が判断を下しても、条件面で不利なほうが異議を唱えるとすぐに審判離婚の判断は覆されてしまいます。
その結果、裁判離婚に発展するため意味がないと考える人が多いです。

したがって、審判離婚を利用するのは条件面での対立や悪意から離婚を引き延ばしているときなど、限られたケースになります。

浮気による裁判離婚

離婚の話し合いが進まず、離婚調停や審判離婚で解決できないときは裁判離婚に進みます。
裁判離婚の難しさと探偵の調査報告書の効力をお伝えします。

裁判離婚で求められる法的に離婚すべき理由

裁判離婚は裁判所を通じた離婚手続きなので離婚する理由にも法的根拠が求められます。
パートナーが浮気しているときは、民法から考えると「配偶者の不貞行為」が該当します。

不貞行為とは

配偶者の浮気は法律用語だと不貞行為と呼ばれます。
法律上は異性とのキスやハグは不貞行為に該当しません。
当然ですが、手を繋いでいたりキスしたりする写真程度では浮気している証拠にはならないのです。

また、1回の性交渉または性交渉類似行為は不貞行為ですが、離婚に相当するほどの理由とはなりません。
複数回にわたって同じ浮気相手と性交渉をしていることが条件です。

不貞行為が発覚した場合、配偶者には離婚の請求や慰謝料の請求ができます。
また、浮気相手の個人情報が特定できているなら浮気相手に対する慰謝料の請求も可能です。

ただし、不貞行為が起きたからすぐに離婚できるわけではありません。
不貞行為だけでなくその他の事情も考慮して結婚生活の継続が難しいと判断されたときのみ、裁判での離婚ができることを法律で定めているからです。

不貞行為の推認方法

不貞行為を推認する方法は、男女がラブホテルへ入室する写真や浮気相手の自宅へ夜入って朝出てくる写真などが挙げられます。
宿泊そのものは不貞行為ではありませんが宿泊した事実から不貞行為があったと推測できます。

探偵事務所は不貞行員の推認に基づいて証拠を集めています。
当然ですが、ラブホテルへの入室や浮気相手の自宅へのデジタルカメラ設置は探偵でもできません。
だから、多くの探偵事務所がラブホテルの前や浮気相手の自宅前で張り込み調査をして写真を撮影するのです。

参考サイト:弁護士ドットコム|法律上の不倫「不貞行為」あたるライン…異性と複数回会う・異性の自宅に宿泊は?

裁判を有利に進める浮気調査の証拠品

法律上、配偶者の不貞行為が認められる浮気の証拠は多くありません。
浮気の証拠に使える証拠とその理由を紹介します。

浮気の証拠となる鮮明な写真・映像・音声

不貞行為がはっきりわかる鮮明な写真・映像・音声は裁判で有効な証拠です。

違法に撮影・録音したものでなければ、自分で入手したものでも探偵が調査したものでも構いません。

違法な浮気調査の事例は『探偵の浮気調査はどこまで合法?違法な調査や犯罪行為』ページで詳しく紹介します。

ラブホテルや浮気相手の自宅に出入りした写真・映像

ラブホテルへの入室は明らかに性交渉を目的とした行動だとわかります。
配偶者と浮気相手の顔が鮮明にわかる入室時の写真や動画を撮影できたら、それは裁判で使える証拠です。

浮気相手の自宅への訪問時の写真や動画は証拠にできません。
短時間でまた外出したら不貞行為があったことを推測できないからです。
浮気相手の自宅で宿泊した場合は不貞行為があったと推測および推認できます。
したがって、証拠写真は夜撮影したものと朝撮影したものが必要です。

ちなみに、ビジネスホテルへの入室もそれ自体を不貞行為の証拠とすることはできません。
宿泊したという証拠を記録しておきましょう。

車内で不貞行為を働いた写真・映像・音声

車内での性交渉(カーセックス)を写真や映像、音声で記録に収めた場合は有効な証拠です。
ご依頼主にとってショッキングな証拠かもしれませんが裁判用の証拠資料には使えます。
夫婦で自動車を使用している場合は盗聴器や盗撮用カメラの設置も法律上問題ありません。

探偵事務所は車内での会話からキス、衣服を脱いだり前戯をしたりするタイミングで写真を撮影します。
さらに、性交渉中から行為が終わったあとまで一部始終を収めることで言い訳できないように証拠を揃えます。
当然ですが配偶者と浮気相手の顔も撮影することで証拠を固めていくのです。

車内での不貞行為を収める特殊機材と撮影技術

カーセックスの浮気調査の場合は時間帯が夜であることが少なくありません。
暗視用スコープ(ナイトビジョン)や暗視カメラ(超高感度CCDカメラ)を使います。
一般の方がなかなか目に触れる機会のない探偵事務所ならではの特殊機材です。

また、夜間の撮影は調査員のカメラ技術も問われます。
調査対象者や浮気相手に怪しまれないように遠距離から撮影するのは至難の業です。
プロの探偵でも難しいテクニックなので特殊機材と技術力の組み合わせが必要だと言えます。

車内での不貞行為の証拠を掴める探偵は低料金

車内での性交渉は証拠を収めるのが難しく調査員の技術力が問われます。
短時間で行為が終わってしまうことが多く、少しでも油断すると証拠写真や動画を撮影する前に行為が終わってしまうからです。
せっかくの浮気調査が空振りに終わることも珍しくありません。

浮気調査の日数が短いほど料金も安くなることは、『探偵事務所の浮気調査料金相場は1日10万円!プランごとの費用はいくら?』のページでも紹介しました。
パートナーが浮気相手とカーセックスしていると疑っているなら、調査力の高い探偵事務所に相談するほうが料金面で見てもおすすめです。

ちなみに、調査員が撮影した動画や写真はテレビ制作やデザイン事務所の現場でも使用するクオリティの編集ソフトを使用します。
明るさや映像の角度、手ブレ補正といった調整のほか、無駄な動画のカットをしながら調査の流れがわかるDVDを作成します。

探偵による浮気調査報告書

浮気調査報告書は写真や動画だけでなく調査対象者や浮気相手の行動も記録しています。
公的文書にも使える法的効力のある報告書の内容を紹介します。

時系列化された浮気調査内容

探偵事務所の報告書の内容は時系列順に記載するのが基本です。
調査開始時間から終了時間まで、対象者や関係する人物の行動や発言を文章と写真で時系列にします。

何時にどのような移動手段(電車・バス・タクシー・自動車・徒歩)でどこへ向かったか(店舗名・住所・地図含む)など、直接的な不貞行為以外の証拠もすべて報告書に記載します。
報告書の報告内容次第で離婚に足る相当な理由とする書類になるので詳細に記録する必要があるからです。

飲食店での会話やラブホテルでの行為を録音するためにボイスレコーダーを使用することもあります。
文章や写真は精密なほど浮気が真実であるという主張はしやすくなり、裁判や離婚調停を有利に進めることができます。
分刻みで行動を記録して調査報告書にまとめるのも、客観的に見て信頼できる公的文書を作るために必要です。

調査報告書の書類・各種原本と付随資料

調査報告書は探偵事務所が唯一実物で提供できる商品です。
調査対象者や浮気相手の行動を記録した調査報告書のほか、調査記録をまとめたDVDとその原本(DVテープ、フィルムネガ、CDディスク)、付随資料(住宅地図や登記簿謄本)をまとめ、ご依頼主に提出します。

調査後のご依頼主の目的によって調査報告書の内容は変わります。
当然、浮気調査のやり方にも影響があるため事前に伝えることが大切です。
裁判用の資料は「いつ・誰が・誰と・どこで・どのように・何をしたか」を詳細にまとめます。
当然、調査対象者の行動を詳細に記録するため報告書の作成費用も高額です。

一方、裁判をする気がなかったり結婚していない恋人が相手だったりする場合、簡単な調査報告書だけでよいという人もいます。
裁判や離婚調停の証拠には不十分ですが調査料金や調査報告書の料金は安いです。
法律で浮気を解決する気はなく、探偵事務所への依頼料を抑えたい人にはおすすめします。

裁判に使えない浮気調査の証拠品

パートナーの浮気を疑うのに十分な証拠の中には法的な証拠とならないものも多いです。
日常生活で見つかる裁判に使えない浮気調査の証拠品を紹介します。

###浮気相手とのメールやLINE
浮気相手とのメールやLINE、あるいはSNS上のやりとりは決定的な証拠とはなりません。
日常的な会話やデートの約束程度では不貞行為があったと推測できないからです。
不貞行為をしたと思われる内容でも決定的な証拠と言えない場合があります。

ただし、もしパートナーが浮気相手と性交渉をしている写真や動画をやりとりしているなら証拠にできます。
メールやLINEのやりとり自体が決定的な証拠でなくとも、ほかの証拠と組み合わせることで不貞行為の事実を立証することも可能です。
メールやLINEのやりとりは、慰謝料請求の条件にしたりパートナーや浮気相手の自白をとったりする材料にも使えます。

参考サイト:アディーレ法律事務所|浮気相手に慰謝料を請求したいのですが,配偶者と浮気相手とのメールやLINEのやり取りは証拠になりますか?

浮気相手とのデートの領収書

パートナーが浮気相手とデートしたときの領収書は証拠になる可能性があります。
たとえば、ラブホテルの領収書は誰かと肉体関係を持ったことを推測できる内容です。
浮気相手の特定ができませんが証拠能力はそれなりにあり、パートナーから慰謝料を請求する根拠にはなります。

別の誰かと二人でディナーをしたりビジネスホテルのダブルルームに宿泊したりする場合、領収書が法的効力を持つことはありません。
パートナーがいくらでも言い訳できるからです。
領収書を証拠にするならラブホテルの領収書を探してください。

浮気相手とのデート写真

浮気相手とのデート写真は法的効力を持っていません。

仮にキスやハグをしている写真であっても同じ結果になります。
キスやハグは不貞行為に含まれないからです。
デート写真冗談だったという一言で済まされる可能性もあり、浮気相手との肉体関係があったことを証明できません。

不貞行為の事実を推測させるためにはラブホテルへの入室や浮気相手の自宅への宿泊、カーセックス中の写真などが必要です。
探偵事務所の浮気調査なら粘り強く調査を行って裁判で使える浮気の証拠写真を撮影できます。

裁判で使える証拠集めは探偵の浮気調査が一番

女「自分で裁判用の証拠を集めて離婚しようと思ったけど難しそう…」
ハードボイルド探偵「探偵事務所なら裁判や離婚調停を有利に進める調査報告書が作成できます。さらに、ALG探偵社は弁護士法人が運営している探偵事務所だから、その後の離婚調停や裁判離婚も支援してくれますよ」